今後の仮想通貨の未来

仮想通貨は主に”送金が簡単で便利になる”との理由で作られましたが

その金が簡単で便利になり世界で仮想通貨が各国互いに簡単に行き来出来るというのは斬新です。

ただ簡単に出来ちゃうからこそマネーロータリングやICO・スキャム詐欺や中国共産党のように自国の資産(お金)を外部に流出させたくないみたいな問題が目立ってきています。

日本でもICO規制法案視野が入ったり

ロシア、ウクライナ、ベネズエラ、ドバイなどで自国通貨発行したり

様々な規制や対策が打たれ当初のバブル現象はもう厳しいでしょう。


ただ時価総額の視点で見ると

1年前の仮想通貨市場の時価総額が1.5兆円、ビットコインドミナンス70%

今の仮想通貨市場の時価総額が48兆円、ビットコインドミナンス39%


時価総額一覧

米株式 36兆ドル(国別株1位) 

米ドル 16.1兆ドル(USD・法定通貨1位)

 ユーロ 12兆ドル(EUR・法定通貨2位)

 日本円 11兆ドル(JPY・法定通貨3位) 

ユーロ株式 5.6兆ドル(国別株2位) 

日本株式 4.9兆ドル(国別株3位) 

ゴールド 7.8兆ドル(商品1位)

Apple 6160億ドル(個別株・世界1位) 

ビットコイン 1800億ドル(BTC・仮想通貨1位) 

トヨタ 1633億ドル(個別株・日本1位) 仮想通貨全体 1120億ドル 

ビル・ゲイツ 792億ドル(個人・世界1位) 


という感じでまだまだ時価総額は小さいです。

最終的には1000兆以上にはなると思うので今の48兆から見ると20倍ぐらいか。



今の仮想通貨は中身のないコインが多くて投機マネーゲームですが

今後実生活で色々使われていてノーキャッシュの世界になれば

価格はもっと安定してきます。そして通貨は段々絞られてきますので

草コインやICOは今年か来年ぐらいまでかなー。

完全に無くなるわけじゃないですが勢いがなくなりますね。


そして仮想通貨自体は無くならないと思います。

各国仮想通貨規制入ってるところはありますがこれも解除されるのは時間の問題。

0コメント

  • 1000 / 1000